メイン画像

「安い」には裏がある? 費用の考え方

興信所の費用は、興信所ごとに設定にバリエーションがあります。
バリエーションといえば聞こえはいいですが、実際のところ「興信所の費用設定や表示方法には、統一性がない」といった方がいいのかもしれません。
一定のガイドラインがあれば、依頼を考えている方が悩むことも少なくなるのかもしれませんが、競争の激しい調査業界では、依頼者の求める「安さ」を強調し、 調査料金をHPに表示しているところも見受けられます。
そこで、その「安い」金額に裏がないかどうか、以下のポイントはおさえておきましょう。

  • 本当に1時間当たりの調査金額か?
  • 理解に時間がかかる料金表ではないか?
  • 調査員1人当たりの金額は安くても、実際の調査には多数駆り出されないか?
  • 必要以上の調査時間をまとめて契約させようとしないか?
  • 妙に契約を早急にすすめようとしていないか?

比較しなければ安さは分からない

本当に調査費用の設定が他の興信所よりも安いのかどうかは、数社の見積もりを取って比較しないとわからないものです。
比較するのなら、最終的に興信所に支払う総額をくらべるのが一番分かりやすいでしょう。
ただし、見積もりに「実費分」等の記載があれば、気をつけてください。ほとんどの場合、「※実費分とは、調査終了後にかかった分だけ請求します。」と注釈がついている費用項目です。
見積もりの時点ではその分の費用は入っていないので、おのずと他社よりも安く感じます。

そして、何を根拠に安いのかを考えることも重要でしょう。
どのようなデータから、自社が安いと宣伝しているのかを考えることが必要です。
一般的な浮気調査の平均的な費用を知っておけば、本当に安いのかどうかすぐに判断することができます。
「見積もりを見ても、裏がなく安い」そんな設定をしている興信所の中には、興信所業界に新規参入し、経験値を積み上げるために他社よりもずっと安く設定している興信所もあります。
成功してくれればラッキーですが、失敗リスクを考えると、やはり経験値の差は、ベテラン興信所には及びません。
その安さが、調査失敗のリスクに見合うかどうか、依頼を考えているのなら熟考することをお勧めします。